トップページ >> お知らせ

浜松市獣医師会からのお知らせです

投稿日時: 2014/2/17

3月21日(祝)に補助犬健康診断と補助犬セミナーが開催されます。

 

獣医師会が主催する補助犬健康診断では静岡県内の盲導犬・聴導犬・介助犬にご来場いただき、眼科検査、血液検査、心電図検査などの健康チェックをおこないます。

 

また、浜松市が主催する補助犬セミナーは、盲導犬体験歩行などを通じて市民の方に補助犬の役割について広く理解を深めていただくことを目的としています。

 

健康診断の見学は自由ですが、補助犬セミナーは申し込みが必要となります。

 

皆様のご参加をぜひお待ちしております。

 

浜松市ホームページ:補助犬セミナーの案内」をご確認ください。

補助犬健康診断と補助犬セミナー

(画像をクリックにて拡大します!)


投稿日時: 2014/2/13

2月2日に仙台市獣医師会の小野先生をお招きし、被災動物たちの救護対策についてご講演いただきました。

 

東日本大震災での実際の映像や写真を使用し、貴重な経験や反省点をお話しいただきました。救護する方もされる方も程度に差はありますがどちらも被災者なのです。情報が錯綜し施設や物資も不足した中での救護活動は困難を極めたそうです。

 

また、今後同じような災害が起きた時への準備やマニュアルの策定などについてもお話しいただきました。東海地震は必ず近い将来に発生すると言われていますが、発生する前にできる限りの準備や想定に基づいた訓練などが必要であると実感させられました。

 

 

 


投稿日時: 2013/11/9

11月3日に獣医師会の支部講演会が開催されました。

 

今回は浜松市獣医師会の会員であり、静岡県西部夜間救急動物病院の病院長としても活躍されている松井先生にご講演いただきました。
 
夜間救急動物病院の設立経緯や開院までの苦難、開院から1年経過した現在の近況などについて話されました。他県の夜間病院の調査やマーケットリサーチ、獣医師会員向けのプレゼンテーションなど開院するまでに数年もの準備期間を要したそうです。
 
現在は近隣の動物病院だけでなく磐田市や豊橋市などの病院の患者さんも来院されています。診療体制が手薄な夜間における飼い主様の不安をできるだけ解消できるよう今後もより良い病院にしていきたいとお話しされていました。

 


投稿日時: 2013/3/27

平成25年3月20日に第29回 補助犬健康診断を実施いたしました。

 
静岡県内の22頭の補助犬の健康診断を浜松市中区中央の市民協働センターで実施致しました。健康診断内容も多岐にわたり、なかでも眼科検査は補助犬使用者の目となるため重要であり、眼科専門医が行っております。
浜松海の星高校、専門学校ルネサンス・ペットアカデミー、協賛企業、県および市の職員、獣医師および動物看護師など様々な方が協力していただきました。
 
午後からは市民の方々への“第2回補助犬セミナー”も同時開催されました。
使用者および補助犬にとって生活しやすく触れ合いのある街にするためにも市民の方々の理解が重要になってきます。今回は犬の予防医学や、使用者による補助犬との生活やその存在を含め接する際のマナー・ルールに関した内容でした。
 
私たち獣医師会は、補助犬の健康面のサポートのみならず相互理解を深めるための機会の1つとして、今後も健康診断を行っていきたいと考えております。



« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 »